So-net無料ブログ作成

スローな薪ストーブにハイテク機器 [薪ストーブ]

スロー薪ストーブににつかわないハイテク機器を導入しました。
その名は赤外線放射温度計
こんなガン型の温度計です。
DSC09783.JPG
理系の血が押さえられず(笑)
ハンディのデジタルマルチメーターで有名なFLUKE社モデル62、買価8800円です。
http://www.keisokuki-land.co.jp/webshop/fluke/fluke60.pdf
一応、ここで購入。
http://fa-ubon.jp/product/maker_fluke62mini_tab1.html
たぶん最安値だけど送料1000円もとるので買価9800円
温度計、知らないメーカーのものが多くて、怪しげなのも多いのです。まあ、方式などは一緒なんでしょうけど保証と安心と言ういみでは知れたところを選択。
何が出来るかと言うと、ガンを向けた離れた場所の表面温度を非接触で温度を表示してくれるものてす。けして気温はわからないので気をつけてください。
たぶん、通常の使われ方は、プラントなどの保守で表面温度の確認等で使われるケースが多いのでは。まぁ、普通の人は買いませんね。
DSC09936.JPG
Made in Chinaです。しかし、物はちゃんとしているのですが、一緒についてくるソフトケースがものすごく臭い。なんというかビニール臭い。捨てたくなるぐらい(笑)。安いとはいえ、これを選択するかな。
DSC09938.JPG
ガン方向はレーザーの赤い光が出ていますので離れていても、測りたいターゲットの指標はわかります。
ただ気をつけなければならないのは、このレーザー光が測っているのではなく、別に赤外線出しており、温度計から測定場所が離れれば離れるほと、測定範囲は広がっていることをわかってつかわなければなりません。
どうして温度がわかるか?説明が長くなるのでいつかの機会に(笑)

測定範囲 -30~500度
確度 +10~30度の時:(周辺動作温度23度) ±1度、測定値の±1.5% 測定値の±1%または1度のいずれか大きい値または1.5度のいずれか大きい値

ちなみに薪ストーブにはこんな温度計をつけてますが、精度は微妙。正確な温度がわかったところでなんてことない。自己満足かもしれぬが。
DSC09926.JPG
DSC09932.JPG
薪の一番燃えているときは薪ストーブ上部表面は300度を超えてます。炎の温度は測定不能(500度以上)。
そのうち、薪ストーブのいろいろなところを測定した自己満な記事でも書きましょうか
ちなみに杉の床、桧の床の温度を測ったのもこの温度計です。

nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 4

コメント 7

たいせい

 屋根材や工法の違いによる温度差を明らかにしようと、個人でサーモグラフを買った友人がいます。
 このぐらいの金額ならば、私も欲しくなりました!
by たいせい (2009-02-09 15:50) 

tsk

たいせいさん、niceありがとうございます。
基本的に、サーモグラフィーと同じ原理ですよ(笑)
サーモグラフィーだと、30万円以上しますけど......
ちなみに業務で使われるならば、時代はレンタルとかリースとかですよ。
エンジニア含めて派遣してくれたりします。

赤外線放射温度計は、離れた場所の温度を表示してくれるので、屋根の温度をちょっと測るには最適じゃないですか。MAX Hold機能が付いているので、測定ボタンを押したまま、随時測定していくと、最大の温度も表示しています。よって、面をなめるなどの測定も可能です。
いろいろな部l分の温度を、ほうら、こんな温度です。なんていうデモはしやすいのでは....
なんて、営業してどうするんだ>>自分(温度計メーカーと一切関係ありません(笑))
by tsk (2009-02-09 17:09) 

toyo

こういう機器って実用性云々とは別になぜか欲しくなります。
男ってそういう癖っていうか?収集癖があるような気がします。
(私も滅多に使わないのに英国製含水計持っています。あとで請求書見たらビックリしましたが)ヘンなコメントですみません。
by toyo (2009-02-11 01:14) 

tsk

toyoさん、niceありがとうございます。
男のロマンの説明には限界があります(笑)
by tsk (2009-02-13 02:14) 

kappa

放射温度計は離れた所の温度を測れるので便利ですね。
私だったらサッシや窓ガラスの温度を測る所ですが、ストーブの内部を測るとは、恐れ入りました。薪ストーブの内部って、何度くらいあるのでしょうか。
by kappa (2009-02-25 00:23) 

tsk

kappaさん、niceありがとうございます。
内部の温度?
炎や燃えている薪は、測定不能(500度以上)
内部は耐火煉瓦でできております、そこの表面は400度近くあります。
夜の屋根裏21度
結露するサッシは、10度以下の7度
結露しないサッシは、10度
ビミョーに外気温も計らないとよくわからないので、そのうちまとめて
by tsk (2009-02-25 00:43) 

tsk

miyaさん、niceありがとうございます。
by tsk (2009-04-13 02:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。