So-net無料ブログ作成

建て方進行中、天井 [建物を建てる]

先週の土曜日、2008年1月23日
すみません。まだ、先週の話で.... 今週はあまりいけてませんが次回に書きます。

さて、我が家であるが、すこしづつ、寒い中、作業していただき、作業は進んでおります。

土曜日も作業をされているので、見てきました。
天井が、ほぼできつつあります。
うちは、屋根裏が基本的にありません。
2階にも天井あるのはロフトです。うちは荷物多いもので....へらさねば

いわゆる体力壁も作成されつつあります。
金物がすべてないというのも、いろいろな意味で難しいですね。
すでに土台との固定は金物使っているわけですから。

いわゆる木造の構造計算関連で、いろいろあるようですが
技術ある業者がやれば、おおらかなシステムのほうがよりよいものを生みそうですが、
技術の少ない業者がやってしまうこととの兼ね合いが難しそうですね。
偽装をふくめるでしょうから、もっと難しい。


こんな木の割れがあったら、いわゆる工業製品であれば施主は大騒ぎですね(笑)
割れは、無垢の木であれば、基本的にかならずあるものであり、しなやかな木は
構造的にも問題ないそうです。
強固ではなく、しなやかさを考えをすることによって、より地震などにも強い家ができる。
といわれています。

無垢材が欲しけりゃ、ヒビにビビるな。
http://www3.ocn.ne.jp/~sumai/konnamono-hosii.htm#hosii-1

ただ、構造計算的には、均一ではないし、面倒なのでしょう。
長年の建っている建物では証明されていますが、ただそれだけでは、つかえません。
私は施主ですので直接かかわることはありませんが、設計事務所も工務店もそれらを
克服することを検討していることがうかがいしれます。

「木組みの家」の復権(7)耐震性、経済性
http://www.news.janjan.jp/special/0503/0503275019/1.php

建前のときにも、そうだったのですが、まだまだ、組んだばかりの木がいろいろな音をさ
せてます。パキッとか、ピキッとか。
落ち着くまで(2年くらい?)、結構なおおきな音がすると親方にも言われています。

まだ壁がないので、2階からは雑木林がよく望めます。

いつのまにか、遊んでいる娘、さぁ、積みあがるか?


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 1

コメント 2

たいせい

 私自身は、接着剤の耐久性(樹脂製品は経年変化します)や、木材内部に防水層を持ち水分の吸排出が上手くいかない様に感じられることから、集成材は懐疑的に思っていました。
 子供に家が出来る様子を見せるのはとても良いですね!
by たいせい (2008-02-01 07:25) 

tsk

たいせいさん、niceありがとうございます。

文中にある建築家 古川保さんの「建築ジャーナル」の記事は、少し?!過激な
表現もありますがそれによって、大変読みやすく、どれも面白い記事です。
私にもわかりやすい。それが、すべてだとは思いませんが、そこから、いろいろ
考えさせられます。

http://www3.ocn.ne.jp/~sumai/konnamono.htm
http://www3.ocn.ne.jp/~sumai/konnamono-hosii.htm

どれも、面白いのですが、こんなところの記事が気になります。
http://www3.ocn.ne.jp/~sumai/konnamono.htm#kon-34
http://www3.ocn.ne.jp/~sumai/konnamono.htm#kon-23
http://www3.ocn.ne.jp/~sumai/konnamono-hosii.htm#hosii-9
by tsk (2008-02-01 12:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。