So-net無料ブログ作成

薪ストーブどれにしようか?振り出しに戻る? [薪ストーブ]

実は、先々週の日曜日に、ファイアーワールド東京 永和に行く。
私より、ずっと家にいる奥様のほうが長い時間使いそうなので、一緒に行く。
もちろん、娘も一緒。東武亀戸線にのって、たどりつく。

一階はかぎがかかっており、二階に行ってくださいとかいてある。よって、二階へ。
二階に入っても誰もおらず、そのうち3階から人が降りてきた。
いままでいった、薪ストーブ屋に比べて、数が多い。
2階は小さめのストーブが30以上、煙突につながっているものは3台、そのうち1台に火が入っていました。

(私)どれがいいですかねぇ
(ストーブ屋)どれでもいいですよ。お客様がよいと思ったものがよいものです。
(私)どれが扱いやすいですかねぇ
(ストーブ屋)どれも変わりはありませんねぇ
(私) 輻射式と対流式どちらがよいですか
(ストーブ屋)どちらがいいというのはありません。選んでいただいたものが、たまたま、対流式、輻射式、だったということでえらぶのがよいかとおもいます。
(私).......
(ストーブ屋)もちろん対流式のほうが、設置を周りを気にせずに施工はできますが
(ストーブ屋)メインに使用しますか?
(私)メインで使用するつもりです。

うーんどうしようか?

無言の攻防が続いた後

とりあえず、家の図面をみせる。
(薪ストーブ屋)位置的に、問題ないと思います。煙突の出し方もこれのほうがよいと思います。大きさ的にもどれでも問題ないと思いますよ。
(私)触媒使うやつと使わないやつで違いがありますか?
(薪ストーブ屋)どちらも、使っている分には違いがありません。触媒のほうが低い温度のときでも働くので煙が出ない。自動でセッティングしてくれる。などあるので、扱いは少し楽かもしれません。ランニングコストについていわれますが、触媒を換えることもそれほど大変ではないですし、薪が長く燃えることを考えると、変わらないのではないでしょうか?

1階は、大型のストーブがあるというので、見に行った。
(私)大きいことで、問題になることはありますか?薪の消費がおおいとか
(薪ストーブ屋)大きいということであれば、それだけおきになっている量が多いので、それはそれで長く持ちますし、大きくても問題は無いと思いますよ。

っということで、どれでもいいってことか?

まる2時間、そんな話が繰り広げられました。
閉店までいました。(笑)
他のお客様がくるわけでもなく、私に付き合っていただきました。

いろいろ、お話した結果、私に伝えたかったことは、
ここにおいてある薪ストーブはどれでもいいものです。長く使うものですから、いろいろな面で気に入って愛していただけるものを選んでほしいのです。
ということでした。

まあ、通りがかりで薪ストーブ屋に入る人はすくないでしょうから、それでもいいのでしょう。いろいろな代理店の広告、売り文句はありますが、それらに惑わされること無く自分の気に入ったものを選んでください。とのことです。

見ようとおもっていた、ダッチウエストのエンライトはなく、エリートとコンベクションヒーターをみましたが、でかいわりにはいまいちかも。私にとってデザイン的に。

あらためて、輻射式の、ヨツールのF500とか、バーモントキャスティングのアンコールとか、形がきれいで、ストーブという感じがして、皆さん選ぶのだなぁということがわかりました。

それは、それで、いいとは思うのですが、対流式にこだわりたく。実際に見てみると、ヨーロッパデザインのものがよいかもと思い始めています。
スキャンとかモルソーは、カタログを後から見て、ほとんどのシリーズが、同じ形で輻射式と対流式のどちらもあるのですね。なんか、合理的にも見えてきました。

っと、いうことで、決まらず、というか、振り出しに戻った感じですね
最後にききましたが、こんな人は多いのですか?という質問に、もちろん皆、お悩みになられますよ、これと決めてこられても、まったく違うものにされることもありますし。
たぶん、あなたも、決めたとしてももう一度、ここにくるでしょうね。
っとのことでした。やっぱりねぇ

煙突をストーブから、後方に出すか、上にだすかはほとんどのもので切り替えられ、すっきり見せたいのであるならば、後方からだすほうがよいとのことです。

自分ちの図面をみせたあと、いわれたのは、外にでた煙突は、出入りのときに邪魔にならないように、中途半端な高さだと必ずぶつけるし、邪魔な位置の場合もあるので、気をつけてください。のことでした。

そして、ストーブとともに煙突も二重煙突でしっかりとしたものにかならずしてくださいとのことです。

真剣に悩み中(笑)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

たいせい

 屋根工事をしていらっしゃるお客様の事務所の真ん中にデンと置かれた薪ストーブが、印象に残っています。
 燃料は桟木や、残材になった木材。
 私にとっても憧れの薪ストーブです!
by たいせい (2007-12-27 10:43) 

tsk

たいせいさん、niceありがとうございます。
火を囲んで暮す。そんな、ゆっくりとした時間がほしくて薪ストーブです。

薪も、再生のサイクルを作れる燃料なわけですが、木を育てるという行為が街中にいると、全くできません。
日本ではそのサイクルを作ることさえもままならない情況ではあります。
それらを、苦労して理解することも重要かなと思っております。

まあ、こんなことも考えるのですが、所詮は私の実家に薪ストーブがある。
といことからスタートしただけです。
by tsk (2007-12-27 12:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。