So-net無料ブログ作成

地縄張り、水盛り・遣り方 [建物を建てる]

工務店が、地鎮祭の前に、地縄張りをすでに終えておりました。。
地鎮祭の後、すぐに、
工務店と建築家で作業が、てきぱきと始まりました。
ついに始まってしまいました。
あ、工務店に当日、請求書もらったので、まだ払ってないけどいいのだろうか(笑)

水盛り・遣り方
意味合い的には、基礎を作るにあたり、
・土地に対する家の位置を決める。
・水平を保つための高さを合わせる。
ということがおこなわれます。

工務店の社長は大工2人と担当の3人を使いながら準備を始めていきます。
家の建つ大きさより一回り大きく貫き板を建てていきます。
この工務店は30mmの板を使うのを普通としているらしく、建築家も驚いていました。理由は、位置だしをするのに、何でそんなぺらぺらの板でできるのか?
という疑問があるから。とのことです。
もちろん、これらは、これだけに使うのではなく、今後、再利用していくとのことです。
大工さんたち、いかにも足袋をはいて、大工って感じですね。

土地は、階段を下がって、下側に建ちます。よって、どこを基準に高さを決めるかというと、階段の下を基準にしたようです。もちろん、そこが、他より低ければ使いにくいでしょうし、高くても面倒だということです。なので、いろいろ検討されました。
高さをあわせて、水平を出して、

家の位置あわせ、隣地との境までが、民法上のぎりぎり、土地の境から50cmで引かれました。(というか、反対側は擁壁なので厳しい。)
水糸を張っていきます。

いやぁ、
土地が狭いと思っていましたが、ぎりぎりですね。
場所がないので、貫き板が、フェンスにくくりつけられています。

どうやって、土地改良するのだろうなぁと思いつつ
どこに仮設トイレおくだろうが、相当悩んでられました。

これから、建ててくれる大工さんたち、年齢も若かそうですが、頼れそうな方々です。
とりあえず、お話もできましたし。これからが楽しみです。

えっと、建築関連の言葉、わからなくって、建築関連図書を読み出してます。
わかるのとわからないとでは、楽しさも違うのですが、そんな暇があるのかどうか....


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。