So-net無料ブログ作成

本のご紹介「木のいのち 木のこころ」 西岡常一 [家を建てるために読んだ本]

木のいのち木のこころ―天・地・人 (新潮文庫)

木のいのち木のこころ―天・地・人 (新潮文庫)

  • 作者: 西岡 常一, 小川 三夫, 塩野 米松
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/07
  • メディア: 文庫

「適材適所」職人のこころいき
http://blog.so-net.ne.jp/ts9/2007-07-27
でも書きましたが、
法隆寺の宮大工 西岡常一の話を含んだ、もともと3冊の合作本です。
単行本になっていたので、今回は図書館でなく、買ってきました。
読みやすかったのですが、562ページもあると、すぐにはいきませんでした。

本当の職人という人たちは、こういう人たちのことを言うのでしょう。
1300年前から建っている木の建物、それが、法隆寺といわれると説得力あります。
法隆寺を見に行きたくなりました。

普通の家も、本来、木の癖を読んで、適材適所に入れていくべきですが、
機械加工などで、その癖を読んでやっているとは思えません。

癖のある木を、うまくあわせることによって、より強固なものになります。

さらに、人間にも言えることなのかなぁ。と考えさせられます。

とりあえず、何事も急ぎすぎですね、現代は。
ゆっくりとしたペースでしごとができたら、もっと、いいものができるのになぁ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。