So-net無料ブログ作成

土地の金消契約 [土地]

だいぶまえの話になってしまったが、あんまりどんなふうにやっているかなんて、書いてあるところないから、書いておこう。土地取得の話の区切りとして。

2006/12/24に「不動産購入申込書」の契約、これは、不動産仲介業者との契約。意味合いとしては、この土地欲しいんだけど、今度、本契約するんで確保しておいてね。お金の授受はない。
http://www.fdom.jp/fudousan-bn/004.html
2007/1/6に、「不動産売買契約書」の契約、これは売主との契約。意味合いにとしては、手付金払うんで、これは私に売ってね。お金の払い込みも、借金して今度いついつに払うからお願い。ということで、もう、ここから、買うのやめたってのは基本的にできない。(違約金が必要)
一緒に「重要事項説明書」の契約。土地の内容、条件(どんな法律がかかっていて、どこまでの内容が含まれているか)などが書かれている。
http://www.fdom.jp/baibai/index.html
実はこれらの書類を契約する前に、どんな内容のものなのか、先にテンプレートや、この地域での契約の例など、先に不動産仲介業者にもらって、他の諸経費もいくらかかるかも計算して、できるだけ質問した。もちろん契約前に、最終的な書類の内容はもらっておいて、何度も読み返した。
うちみたく、「都市緑地法」なんてでてきたら、法律自身の書類と、どこの内容が適用されるかなど、確認しておく事が必要となります。
短期間で理解しなければなりませんから、とても大変です。

2007/2/9に、「金消契約」ということをする。
銀行の審査がおりて、借金できますよと連絡が来て、それを、不動産仲介業者にいうと、じゃあ、金払ってねの会が、金消契約。まさしく、金が消えていくのである。

私の場合は、私の借金する銀行に
不動産仲介業者、売主、売主の銀行、司法書士が集められた。
段取りは、すべて、不動産仲介業者がおこなった。
お金をはらうとなれば、そりゃみんなニコニコ、場にもなれない私だけが、緊張とした面持ちである。

銀行の一室で、すべてのお金のやり取りをおこなう。
1.銀行から、今回の借金分の金額が入った通帳を渡されます。
2.それを持って、売主、不動産仲介業者、行政書士のまえで「金消」は、始まる。
3.行政書士によって、所有権登記の移動についてと、抵当権設定について、税金について説明。
4.振込みや、引き出しの書類を書いて、銀行担当者に
5.振り込んだ書類、もしくは現金を、皆様に自分の手からお渡しする。
6.各人から、領収書をもらう。
7.いやあ、どうもありがとうございました。って感じで終了。
不動産登記書は、後から送られてくる。
銀行は、借金した金が、ちゃんと住宅関連に使われたか見ている。

ということで、晴れて、土地は私のものとなるが、一緒に借金をしたということで、所有は私でも、抵当権は、銀行となる。なんか、借金とともにずしりとくるので、嬉しいのかどうか、微妙な感じでした。

目の前で、数千万の値段のことが、私の前を通り過ぎる。ということで「金消」なのね。銀行の部屋を使ってやるなどという、いままで、経験ないこと、私だけが汗をかいている感じでした。

また、建物が建ったら、金消をしないといけないでしょう。名前が悪いなぁ。
http://allabout.co.jp/glossary/g_estate/w005443.htm


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。