So-net無料ブログ作成

住宅ローンの借入金額の20%を繰り上げ返済すると [お金・税金・住宅ローン]

こんばんは
局地的な雨、湿気が高い、気温も高い、という季節ですがいかがお過ごしでしょうか?
我が家は、暑い日は蝉の声が聞こえ始め、朝はヒグラシもないて、クロアゲハが優雅にとんでおります。
DSC08556.JPG


だいぶ、更新の時間が経ってしまいました。
突然の投稿は
「住宅ローンの借入金額の20%を繰り上げ返済すると」
どうなるか?
6月にボーナスが出たので、繰り上げ返済してしまいました。しかも借入総額の20%
(結構、この不景気では厳しい状況ですが、なんとか、いろいろなこともあって(笑))
と、どれだけ、効果があるのか?
とはいっても、半年分の住宅ローン分と、幼稚園分を残して、繰り上げ返済しました。
日本経済にはまったくもって貢献しておりません(笑)

まずは、3000万円で3% 20年返済で借りたときの最終的な利息総額は、
約1.3倍の総支払金額になり、1000万円借りると332万円、2000万円借りると倍の663万円、3000万円借りると、3倍の994万円多く払わないといけない。
ひょへぇーー結構な金額

      (万円)
借入金額金利毎月返済額ボーナス
返済額
最終
支払総額
利息額増加割合
30003%16.70399499433.13%
20003%11.10266366333.15%
10003%5.60133233233.20%


金利3%で20年借りて、2年後に借入金額の20%を返済したときの減少する利息額(期間短縮)

        (万円)
借入金額金利毎月返済額2年後
元金残高
繰上返済額最終
支払総額
減少する
利息額
残り返済期間短縮返済期間
30003%16.62774600363935513年3カ月4年9カ月減
20003%111849400239027313年3カ月4年9カ月減
10003%5.5924200121411813年3カ月4年9カ月減 



3000万円も借りていた時は、355万円も利息が減少する。(車が買える(笑))

ただし、繰上して期間短縮の場合は、今まで払い込んだ期間を含めて10年以上残しておかないと、住宅ローン減税の恩恵にあやかれないので気をつけるように

ローンは、総額で考えることも入れておかないと、なんだかよくわからない。
けれど、支払総額が出てくる、ローンシミュレートサイトは少ない。(銀行の謀略か(笑))

ということで、余裕があれば、このご時世、お金貯めてもそんなに増えませんから、堅実な方法ではあるのではあります。ただ、繰上することによって、お金がショートしてしまうなんてことはない状態でないといけません。

人生のシミュレーションできてますか?借金がどれだけリスクか?
はやく、ローンなくならないかなぁ、繰上しても先は長いのです。

ちなみに、今、金利が下がっていますから、ローンの借り換えというのも有効的ではあるのですが、現状の条件によりますが、借り換えにはかなりの諸費用が、新たにかかるのでどちらがいいか、吟味する必要があります。

今回、繰上げ返済は、ネットバンク上で行っため、手数料はなし、というか、やっとそうなった。

計算の参考サイト
http://www.saveinfo.or.jp/tool/sikin/menu/s_kuriage.html
http://www.flat35.com/simulation/simu_01.html
http://www.mizuhobank.co.jp/cgi-bin/loan/refinance.cgi


nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 4

コメント 3

kappa

確かに早期の繰り上げ返済は効果的ですね。
ローン終了するまでは、ひたすら専守防衛が良さそうです。
日本経済への貢献はその後で・・・
by kappa (2010-07-08 07:33) 

tsk

Kappaさん、niceありがとうございます。
選挙も終わり、ますます先行き不透明感が漂う日本経済です。
そんなことでは、日本に不動産を持つこと自身がリスクだったりします。
日本を見切って海外進出ができるように(笑)
なんて、思ってしまいますよねぇ
by tsk (2010-07-16 00:31) 

tsk

royさん、niceありがとうございます。
by tsk (2010-07-16 00:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。